最新の記事

髪に優しい食品

髪の毛のしくみ

胡麻

髪の毛の主成分はタンパク質です。特にメチオニンやシスチンなどの含硫アミノ酸が大事です。
ごまには含硫アミノ酸が多く含んでいます。

抜け毛の予防には、タンパク質、カルシウム、鉄、銅、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB2、
フケ防止
には、ビタミンB2,カロチン,ビタミンCなどが大切です。

その中で、ビタミンC、カロチン以外の成分が全てごまには濃縮されています。
黒ごまは活性酸素をやっつける効果があり、髪を黒く丈夫にします。
食べ方は、そのまま食べるのではなく、すりつぶさないと体が消化できないまま出てしまい意味がありません。
今はゴマを細かくすりつぶす器具やすり胡麻が売っていますので、ご飯にかけたりすると手軽に摂取できますよ。
黒ゴマについて詳しくはこちら


髪の毛のしくみ

大豆

かなり有名ですが、確かに良く効きます。栄養素も高く、肉等を食べなくても体力を維持する事が出来ます。
大豆の中に「イソフラボン」と言う成分が多く含まれているのですが、
この「イソフラボン」は女性ホルモンに似た働きをしてくれます。

沢山のタンパク質を含む為、髪の毛には有効なものです。
「イソフラボン」の作用によって、高血圧や動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病の予防にもなります。

ごま同様毎日の摂取が大事です。豆腐などをご飯代わりに摂取しても良いです。
大豆と言ってもいろいろありますが、豆腐、納豆、味噌汁、豆乳他・・・
これも偏らずに、品によって髪に良い成分が違う為、バランス良くが大事です。


髪の毛のしくみ

魚類

魚の油は、動物油と違い体が吸収しずらく、重くもありません。

まぐろ

体の抵抗力を高めるビタミンAやビタミンAの吸収を高める脂質の他、
ビタミンB1、B2、E、D、カルシウムカリウム、鉄、亜鉛などもバランス良く、豊富に包まれた優れた食品です。
血中のコレステロール値を抑制するEPAやDHAを多く含み、動脈硬化などの生活習慣病も予防します。

昆布

栄養化の高い食品で、髪の毛を艶やかにする。
ヨード、ビタミンA、B1、B2、カリウム、カルシウム、亜鉛食物繊維等、多くの栄養素を含みます。

ほたて

栄養素は、たんぱく質が際立って多く、タウリン、ビタミンB2、亜鉛が豊富。
抗ガン作用を備えた微量ミネラル、ゲルマニウムやセレニウムが含まれる他、
ホタテのグリコーゲンはガン細胞の増殖を抑制する事が知られています。
また、核酸の一種であるイノシン酸には細胞の再生を促進させ、成分の相乗作用で滋養強壮・老化予防に働きます。

いわし

良質なタンパク質を多く含み、不飽和脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)と
DHA(ドコサヘキサンエン酸)の含有量は魚の中でもトップクラス!

カルシウムも豊富でカルシウム吸収に効果的なビタミンDも多く含まれる為、
効率的にカルシウムが摂取できる食材としても注目されています。
コレステロールを減らすタウリン、血圧を下げるカリウム、脱毛を防ぐ亜鉛も多く含まれます。

かつお

タンパク質は100g中25.8gとかなり多く、逆に脂質が少なめなため健康的な食材でもあります。
血液をサラサラにしてくれるEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含んでいることでも有名です。

さば

ビタミンB2は魚の中では群を抜く豊富さです。
ビタミンB2はアミノ酸や脂質、炭水化物の代謝に必要な栄養素で、体の成長を促進する作用を持っています。


髪の毛のしくみ

肉類

油分が多く、脂漏の原因でもあり、コレステロールも高い。
ほとんどが肉の摂り過ぎによる場合が多く、若ハゲの原因も食生活の欧米化が主です。

しかし、栄養素は高くエネルギーの源でもあります。
上記の食物を食べれば肉を食べなくとも栄養素を補うことは可能ですが、どうしても肉が食べたくなるものです。

なるべく控えたほうがいいのですが、どうしてもの時は、油分が少ない鶏肉や臓器系がお勧めです。


野菜

髪の毛のしくみ野菜や果物は、ビタミン、ミネラルが豊富。
肉や魚の中和作用もあり、食卓ではサブ的要素が強いのですが実はとても大事な要素を持っています。

特に根っこ系の野菜(大根、にんじん、たまねぎ)は冬は温存し、夏芽を育てなくてはいけない為、
かなりの力が必要になります。

つまり髪を生やすにも芽を生やすにも、似たもの作用それに近い養分があります。
なかなか野菜を取る事は難しいのですが、野菜ジュースやトマトジュースでも補うことが可能ですので、
飲料水代わりに飲む癖をつけると効果的です。

玄米

良質のたんぱく質や炭水化物、ビタミンB1をはじめ、ナイアシンなどのビタミンB群、
及びビタミンD、E、K、Fなどが豊富に含まれ、鉄分、亜鉛、銅、マンガンなどのミネラルも含有されています。

そば

良質なでんぷん質の多い炭水化物が主成分で、その他にタンパク質、ビタミンB1、B2、
ビタミンP、鉄分なども比較的多く含む栄養価の高い食品です。

オリーブオイル、しそ油、ゴマ油などが有効。吸収されにくく脂肪分解力も高い。
直接頭に塗ってマッサージも良い。

コーヒー・お酒

カフェインなどの影響で体を活発化させ、新陳代謝を高める。飲み過ぎはもちろん逆効果。
酒であれば一合、コーヒーはブラックで午前中のみ飲むが理想です。


サプリ

髪の毛のしくみ

チョコラBB

ビタミン等が多い。薬局で2,000円前後です。

プロテイン

大豆を主原料にしている為、イソフラボンが豊富、薬局で1,500円前後です。

ビール酵母

ビタミンB群・亜鉛・銅・葉酸・アミノ酸などを含む一時注目された品。料金はまちまちです。

ルミンA

抵抗力をつけ新陳代謝を活発にする作用を持っています。薬局で10,000円前後です。

毛髪によい食べ物とは何か

髪の基本成分、ケラチンのもとになる上質のアミノ酸を含むたんぱく質

肉類、魚類、卵、大豆や大豆製品、牛乳や乳製品がこれにあたります。
髪の毛の主成分は、含硫アミノ酸というイオウをたくさん含むたんぱく質で、
これは動植物のたんぱく質にたくさん含まれています。

日常の食事の中で、動植物のたんぱく質をバランスよくとることが大事です。
中年以降の人ではコレステロールを高くしやすい肉類よりも、魚類、とくに青身の魚や豆類、
なかでも大豆や大豆製品などを多めにとることをおすすめします。


血行をよくして抜け毛を防ぐビタミンE、A、P

わかめ、ひじき、昆布などに代表される海藻類海藻を単独でとるよりも、たんぱく質と組み合わせた料理にしたり、
肉や魚科埋のつけ合わせにして食べると、効果があがります。


頭皮の新陳代謝をよくするビタミンB群

ビタミンEを多く含んだ、玄米、胚芽米、ゴマ、ナッツ類、小麦胚芽油、紅花油。
ビタミンAを多く含む二ンジン、カボチャ、コマツナ、ホウレンソウなどの緑黄色野莱。
ビタミンPの多い、レモン、オレンジなどの柑橘類、アンズ、サクランボ、そば粉。

血管をしなやかにして、コレステロールをためないようにするには、
エイコサペンタエン酸(EPA)を多く含む、イワシ、サバ、ブリなどの新鮮な青魚を食べることですが、
青魚は、たんばく質も同時に摂取できるので、髪を健康にするには一石二鳥の効果が期待できます。


髪の艶や張りをよくするコラーゲンを含むねばり気のあるもの

山芋、長芋、里芋、レンコン、納豆など、ぬめりのあるもの。
これらを、たんぱく質といっしょに料理して食べると、艶やかで丈夫な髪になります。